Teyl-JAPAN Top Pageへ Teyl-JAPAN ジュニア英語プロ教師養成講座
Teyl-JAPANの紹介
Teylとは?
特徴
フロー
内容
メリット
受講対象者
受講者の声
FAQ
お問合せ・申込み
Teyl-JAPANの紹介
Teylとは?
プロの英語教師育成を目指して
指導力3大要素
英語の先生には
「英語力」だけでなく、「指導力」が必要です。
英語が使える日本人の育成のための行動計画(文部科学省)の中で、英語教員の指導力向上及び指導体制の充実は重要な課題の一つとしてあげられています。この中で、教員の必要最低限の英語力の目安として、英検準1級、TOEFL550点、TOEIC730点以上という数値が示されています。英語力があること自体も大切ですが、やはり英語を指導する力が備わってこそ「真の指導者」と言えるのです。

Teyl(Teachin English to Young Learners)
Teyl(Teaching Engligh to Young Learners)とは、英語教師養成の為に特別に開発された画期的な
e-learning Program であり、指導者用に特化したものとして日本で初めてのシステムです。
これから教師を目指す指導経験のない方から、ベテラン教師だけれども、もっとスキルアップしたいという方まで、真の指導者となっていただけるよう、この国際標準の指導プログラムと独自のTutor(個人講師)制度を持つTeyl-JAPANプログラムが導いて参ります。
特徴
7つのメリットであなたを強力サポート
  自分のペースで学習ができる。コースはいつでも開始可能。
  インターネットの環境があれば、どこでも学習可能。
  オンライン受講なので常に最新の情報が手に入る。
  インタラクティブなテストやアクティビティがあり、フィードバックも迅速。
  担当のTutorと連絡が可能で、親身に相談にのってもらえる。
  他のコース受講者と情報交換ができる。担当のTutorとアイディアの交換ができる。
  コース受講者は英語教育に関するアイディアの豊富なウェブサイトリソースにアクセス可能。
また季節ごとの行事や日本の風習などを英語でご紹介するなどすぐに教室で使えるアイディアが満載!!
受講者の声へ