ENGLISH
  • 045-226-5494
  • 資料請求・お問合せ

menu

産前産後休学制度

産前産後休学制度

Teyl-JAPANでは、長年にわたり、多く女性の皆様にご受講いただいております。

 

かつてより、「子どもができたので、将来のために何か始めたい」「子どもが小さく、あまり自宅を離れられないこの期間を有効活用したい」このような女性の皆様も多くいらっしゃいます。一方、受講は開始したものの、「子どもができたので、子育てに集中したい」「体調や環境が変わったので、少し休みたい」などのお声もいただきました。

 

Teyl-JAPANは標準学習時間を60時間、学習可能期間を1年間とし、十分な余裕をもって受講に取り組む環境を提供しておりますが、タイミングやライフプランの変化は受講生ごとに大きく異なり、受講期間中のご出産が受講修了を難しくさせるケースもございます。

 

昨今の英語教育改革による教師需要の高まりとダイバーシティの推進、女性活躍の観点から、この度、Teyl-JAPAN事務局ではジュニア英語プロ教師養成講座Teyl-JAPANの制度の一環として産前産後休学制度を設けました。

 

当制度のご利用条件は、別紙申請書記載の「産前産後休学制度規定」に記載しておりますが、要点として

 

・産前産後休暇に伴う休学が可能。(つまり申請により受講期間を延長できる)
・休学できる期間は最大90日までとする。
・休学は事前申請(10日まで過去に遡り申請可能)とする。
※可能な限り、休学希望の期間より前に休学希望期間の申請をいただくのが望ましい。
・休学期間は、Tutorへの連絡を一切できない。Tutorまたは事務局への課題に対する問い合わせ、または課題提出があった場合は復学と見なす。

 

 

【産前産後休学制度利用申請書】


産前産後休学制度利用申請書は以下よりファイルをダウンロードしてください。

Word版(Zipファイル)

PDF版(PDFファイル)

Word版かPDF版のいずれかの申請書をご利用ください。

 

当制度につきまして何かご意見・ご質問がございましたらお気軽にTeyl-JAPAN事務局までお問い合わせください。

今後とも何卒宜しくお願い申し上げます。

 

Teyl-JAPAN事務局

ページトップへ

©2005 Teyl-JAPAN All rights reserved.